カテゴリーアーカイブ 未分類

【活動報告】第2回会議、およびテイスティング会を開催しました

●第2回会議
2019年1月9日(水)ホテルハマツ(郡山市内)にて、第2回広域連携会議を開催しました。
参加者は、県内各地の栽培・醸造関係者、自治体、福島大学から計29名が参加しました。
<参加地域(民間または行政)>
川内、富岡、いわき、会津美里、喜多方、二本松、南相馬、福島、須賀川

会議は、12/7に聴講した山梨大学の「ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム」や、専門家の現地派遣事業など、人材育成関連事業の今後についてこれまでの取り組みを踏まえ議論し、次年度に向け各地から要望や提案を出しながら意見交換をしました。

 

●日本ワインを知るテイスティング会
会議に引き続き、同会場にて、日本ワインを知るテイスティング会を開催しました。
講師には、ワインエキスパートで日本ワインに詳しく、福島にも関心をお持ちの髭男爵 ひぐち君と、ソムリエでワインバイヤー(カーニバル 三鷹コラル店店長)の高橋純一郎さんをお招きし、広域連携会議参加者の他、福島のワインと復興、協議会の取り組みに関心のある方々も加わり、計36名が参加しました。

ひぐち君と高橋さんセレクトによる、北は北海道から南は熊本まで選りすぐりの8種類を1種類ずつブラインドで試し、五感フル活用で味わった後、ワイナリーの訪問エピソードや作り手のお話等を交えながらワインについて解説いただき、楽しく進行しました。

日本ワインのレベルの高さや個性を知ることができたのはもちろんのこと、
お二人の日本ワインの豊富な知識と熱い思い、特に、和食との相性、土地や作り手から醸し出されるワインの個性についてのお話から、日本ワインの可能性を実感することができる良い機会となりました。また、福島におけるワインづくりへの励みにもなったのではないかと思われます。

ワイン・フロンティアリーダー養成プログラムの聴講(1回目)を実施しました

山梨大学、福島大学、当協議会の連携により、準備を進めて参りました、山梨大学の「ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム」の試験配信を12月7日(金)に実施し、福島側からは、いわき・富岡・郡山・会津美里の4拠点にて28名が聴講しました。

今回は、同大学ワイン科学研究センター 鈴木俊二教授による「基礎ブドウ栽培学講座」を聴講しました。
第2回目の聴講は1月を予定しています。

山梨大学「ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム
山梨大学ワイン科学研究センター

山梨大学での講義の様子(配信側)

 

 

※当日のいわきでの聴講の様子は、翌日12月8日(土)の福島民報22面に掲載されました。

 

【県内イベント】ふくしま2018ワイナリーフェスティバル開催のお知らせ(11/25)

福島県内のワイナリーが自慢のワインを引っさげて大集結!美味しい料理とともにワインを堪能できるイベントが開催!さあ、ふくしまの美味しいワインを飲み尽くそう!

<参加ワイナリー等>

いわきワイナリー、ふくしま逢瀬ワイナリー、ふくしま農家の夢ワイン、ワイン工房あいづ、東夢ワイナリー(山梨)、山元いちご園(宮城)他

日時:2018.11.25(日)11:00-17:00
会場:二本松市市民交流センター前広場
主催:ふくしまワイナリーフェスティバル実行委員会
お問合せ先:ふくしま農家の夢ワイン株式会社
0243-24-8170
fukuyume(アットマーク)ivy.ocn.ne.jp
facebook

 

 

福島民報論説で紹介されました

2018年10月24日付の福島民報論説に、「【広がる県産ワイン】熱意と連携で名産地に」というタイトルのもと、ふくしまワイン広域連携協議会のことが紹介されました。詳細は以下のリンクより、記事をご確認ください。

http://www.minpo.jp/news/detail/2018102456688

 

福島民報で紹介されました

2018年9月9日付けの福島民報朝刊1面で紹介されました。

『県産ワイン産学官組織発足~9市町村ワイナリー、福島大、自治体などブランド化へ連携~」

(WEB版の閲覧期間は終了しています)